【旅行記】モスクワのマニアックな美術館に行ったらシュールすぎた話【ロシア人の友達に案内してもらった】

【旅行記】モスクワのマニアックな美術館に行ったらシュールすぎた話【ロシア人の友達に案内してもらった】

まずはこちらのツイートをご覧ください⬇️

https://twitter.com/onitannbitannbi/status/1261195187818094592?s=21

これは何気ない気持ちで呟いたものなのですがまさかの「7000いいね」!

みんな興味あるのかな?

ということで、この絵が見れる、モスクワのマニアックな美術館、「トーチカG」の記事を書くよ。

記事の内容はこちら⬇️

  • 「トーチカG」とは?
  • 「トーチカG」の魅力
  • 「トーチカG」の行き方・場所
  • 「トーチカG」のチケットの費用と取り方

モスクワに二ヶ月語学留学していた私が、ロシア人の友達に色々聞きながら回りました(╹◡╹)

1.ロシアのマニアックな美術館「トーチカG」とは?

「トーチカG」は、モスクワにあるエロティック美術館(博物館)です。

トーチカGの意味は、「エロティック美術館」であることと「G」という謎のアルファベットから察してください。

日本の珍宝館や秘宝館のような感じです。規模はちっちゃめですが、日本との違いとかも楽しめます。

系列に「鏡の部屋」や「風船の部屋」みたいなアトラクションもたくさんありましたが、個人的にはその辺はまあまあ。

ですが、このエロ美術館は色んな発見がありめちゃくちゃ面白かったので紹介します(╹◡╹)

2.「トーチカG」の見所・魅力

チケットを買って、写真の許可をとって入館です。

①謎のシーソー

こちら、謎のシーソーでございます。

手すりや背もたれの代わりに何がついているんでしょうね??

非常に興味深いです。

奥にめちゃくちゃでかいサイズのセクシーな壁絵があるのですが、サーバー的にアウトなので見せられません。

めちゃくちゃ外国っぽい感じのセクシーな絵でした…

見たい方はTwitterで公開しているので是非⬇️

②ボンテージマトリョーシカ

まさかこのような形のマトリョーシカを拝める日が来るとは…!

ボンテージ衣装×チェーンでしっかり施錠の可愛らしいマトリョーシカに大爆笑してました…

ちなみに本物のマトリョーシカはめちゃくちゃ高いです。(2〜3万円)

③大人な顔出しパネル

珍スポットの定番ですね。

これもなんだか、「洋」を感じさせますね

日本とは違っておどけた感じでいい感じ

④世界のアレ

一瞬、何が陳列されているんだ!?

と思いましたがすぐにわかりますね…

しかし、世界各国、色や柄は違えども、何なのかすぐにわかってしまうものなんですね!?

ちなみに中央の列の頂点に君臨するのは我が国の「0.02」でございます。流石

⑤タコ

タコです。タコが二匹います。何をしているんでしょうね…

この他にも二匹の蜂とかが展示されていました。

ここでロシア人の友達から驚くべき発言が!

「日本の古い絵で女の人とタコが描かれているのを見たことがある」

!!!春画だ!!!日本の春画は日本から遠く、飛行機で10時間も離れたモスクワにまで辿り着いているのか!!

春画について軽く語り、感動していました。

このタコもそこから来ているのかな…?

⑥努力!!!

Twitterでバズってたやつです。

シュールすぎる。

何が努力なのか全く伝わらない。

そして手前のあなたは誰。

ゲラゲラ笑ってました。

友達に「これどういう意味かロシアの人はわかるの…?」と聞いたら、「分からない…」と静かに答えてくれました。

⑦お土産コーナーで日本の…

流石は我が国が世界に誇る薄さです

友達も「やっぱり日本製は高品質って有名だよ」と言っていました。

「でも高い」と言うので、「じゃあ他のを使うの?」と聞いたら、「いや、あまりみんな使わないと思う」と爆弾発言。

大爆笑。

ちなみにこのロシア語は、「超薄い、でも頑丈」みたいなことが書かれているそうです。

⑧個人的見解

全部の写真はとっていませんが、体感的に3分の1ほど日本な雰囲気のものがありました。

緊縛の写真や、成人向けフィギュアなど。

友達曰く、と言うかこれは留学中に知ったことなんですが、「日本=変態のイメージ」が少しあるらしい。

日本の珍宝館に既に行った後にこの美術館に行ったので、違いや共通点などとても新鮮でした

更に、ロシア人の友達がかな〜りディープな日本好きだったのも幸運でした。

日本とロシアの性に対する意識の違い、日本の変な文化がどれくらい伝わっているかなど、たくさん話しながら見れました。

あくまでとっても文化的にこのエロティック美術館を見てきたんですよ

本当です…

3.「トーチカG」までの行き方・場所

場所はこちら⬇️

Точка G

ノービイ・アルバートと言う大きな通りの中にあるので怖くないです(╹◡╹

旅行の方ならホテルや主要な観光地からタクシーなどで行くと思うのであまり気にせず。

もし公共交通機関で向かうのでも、今の時代はGoogle マップさえあれば大丈夫です^ – ^

私が行った時はトーチカの客引きの店員さんが大通りにいたのですぐにお店にたどり着けました(╹◡╹

ロシア語なのでアレですが一応、こちらトーチカGエロティック美術館の公式サイトです⬇️

下の方に地図がついています。

4.「トーチカG」のチケットの費用・取り方

トーチカG美術館の現在(2020年8月)のチケットの値段はこちら⬇️

  • 美術館だけ→1000ルーブル
  • 美術館+アトラクション→1500ルーブル(割引き前2350ルーブル

アトラクションは前おきで少し触れた「鏡の部屋」などです。

デートするなら色々回ってもいいかも。

ちなみに現在は1ルーブルが1.4円なので、1000ルーブル1400円くらいですね。

意外と高め。

これは別の記事でもいいいますが、モスクワは物価がすこーし日本より高めです。

5.その他のモスクワ観光地について

その他にも、

  • モスクワの貴重な美術館
  • モスクワのアニメショップ
  • モスクワの大人のショップ
  • モスクワの遊びスポット
  • モスクワのご飯やさん
  • モスクワのビジネスホテル
  • モスクワのラブホテル
  • モスクワの本屋さん
  • モスクワの留学体験
  • ロシア文学

などロシアに関する記事を随時更新していきますのでそちらもどうぞ!

ディープ旅カテゴリの最新記事