読んで寝込んだ究極の鬱漫画おすすめ11選

文学、漫画、アニメ、ゲーム、ありとあらゆる創作物に存在し、少数ながら熱狂的な支持者が存在するジャンル。
それがいわゆる「鬱」。
「鬱」であるからこそ、悲惨であるからこそ、人の業を暴き出す。
そんな人間の恐ろしい部分や悲しい部分を思い出させてくれる。
そんな屁理屈にも近い気持ちから鬱ジャンルを愛好することはや10年
そんじょそこらの鬱作品は一通り読み(見)まくり
偏りまくった趣味志向全開のTwitterのフォロワーは5800人。(なんと仲間の多いことか)
そんな私の、ガチで寝込んだ究極のおすすめ鬱漫画を厳選10作品まとめました。